海外出張に出掛ける

出張は「海外出張に出掛ける」の現地情報の必要性

現地情報の必要性

現地情報の必要性

先日外国人の方から驚かれたのは、「日本でお財布を無くしたところ、警察に届けられていた。」という話です。私達にとって当たり前のことは外国ではあり得ないことだという話です。それだけ日本は安全な国だということです。
海外に出掛けたことがある人の多くが口にするのは、「治安」です。安全な国で暮らしていることを認識していないせいか、日本人の多くは隙が多いと言われ、スリや置き引きにあってしまうケースが多々あります。
比較的治安のよい国であっても、同じです。自己責任を持って持ち物の管理をすることが大切であり、危険な場所へ出掛けないことと、節度をわきまえた行動をすることが大切になってきます。

現地では交通手段にタクシーを利用することも多いでしょう。この場合も、悪徳タクシーといわれる無認可タクシーが多くある国も見られます。さらに、普通の飲食店と思って入った場所が悪徳店で、法外な金額の請求を受けたという話もあります。
このような怖いことばかりではないですが、現地の情報は「外務省渡航関連情報」や「現地の人」からの情報を入手しておくと便利です。少し過度の用心も海外出張では必要でしょう。

体調管理も大切な出張

海外に行くと「時差」の違いから体調を崩すこともよく聞かれます。急な変化に体がついていかず、眠気やだるさ、頭痛、便秘などの症状に悩まされることがあります。
欧米に出掛ける時は、とくに昼と夜が逆転するため、実際の商談の場面で体調が優れず、ビジネスチャンスを失敗に終わらせる可能性もあります。

では、どのように対策を講じておくと良いのでしょうか。人それぞれではありますが、出発の少し前から時計を現地時間に合わせて、それにそったスケジュールに変えていくことでしょう。
日本で出発した時間が朝でも現地時間が夜で、到着時間が朝であれば、到着してすぐに商談ということもあります。この場合は飛行機に乗ったらまずは寝ることでしょう。人それぞれの体調管理があるでしょうが、体内リズムを変えていくことも、海外出張の成功に必要なことでしょう。
世界を跨いで、出来るビジネスマンになりましょう。

Copyright© 海外出張に出掛ける All Rights Reserved.